住宅を購入する際には、戸建にするかマンションにするのかで迷う事が少なくありません。本記事では戸建のメリットとデメリットを挙げる事で、これから住宅購入される方が、どちらを購入すべきかのヒントになればと思います。

戸建のメリット

戸建のメリットは、建物の価値がなくなっても、土地の価値だけは残る点が上げられます。もちろん、片田舎では土地を所有している事のメリットは少ないかも知れませんが、都市部では大きなメリットとなります。

今後、バブル時代の様に土地価格が上昇する事はないでしょうが、それでも一定の資産価値が残る事はメリットと言えます。

また戸建の場合は、新しく住宅を建て直したり、増改築したりと言った事が、マンションに比べて自由度が高いと言うメリットもあります。

さらに、注文住宅の場合には、マンションでは余り確保できない庭を設ける事も可能です。小さいながらも自然に触れるスペースを設ける事も可能です。

戸建のデメリット

一方で、戸建にはデメリットもあります。一般的に土地を有効活用するために、都市部では戸建住宅は2階建てや3階建てが多くなっています。若い時には何の問題もありませんが、高齢になると階段の上り下りが大変になり、生活に利用するのが1階の狭いスペースのみとなりがちです。

マンションの場合には、老後の事を考えたバリアフリー設計の所も増えていますが、戸建は平屋であっても玄関の上がりたて等、どうしても構造上バリアフリー化が難し点も高齢化した時にデメリットとなります。

また増改築等が自由に行える事の裏返しで、住宅の大規模修理やメンテナンスも、当然自己責任で行う必要があります。しかし、戸建住宅を購入する際には、どうしてもこのメンテナンス費用に目が行かいない事が多く、資金がなくて必要な時にメンテナンスを実施できないと言った事が起こりがちです。

戸建のデメリットをなくす方法

上記に記載した戸建のデメリットの中で、高齢化した時に感じるデメリットは、戸建で完全に払拭する事は難しいと言えます。

それでも1階にリビングダイニングの他に、必要になった時に、介護ベッドを入れられる部屋を1室設けたり、廊下の幅やトイレを広めにする等の配慮をしておけば、相当カバーする事は可能です。しかしこうした配慮は、建売では難しいケースもあります。

もう一つのデメリットである大規模修理やメンテナンスの費用は、マンションと同じ様に戸建住宅購入時から自分で積み立てておくことでカバーできます。

金融機関から住宅ローンを借り、返済計画を立てる際に、戸建を購入する場合にでもマンション並みに月々の積み立てを行う事を前提にする事が大切です。

子供が成人して、独立するまでは、どうしても小さくてもそれぞれの部屋が必要だとして住宅を選択するものです。

しかし子供が独立して、夫婦2人の生活に戻ると、部屋数はそれほど必要ではなくなります。

従って、2階建てや3階建ての戸建てを若い頃に購入し、定年退職を迎えるまで可能な限り繰り上げ返済で完済し、子供が独立して夫婦2人になる頃に、住宅を売却し、小さな中古マンションに引っ越して、バリアフリーの生活対応が出来る様にすると言った方法も考えられます。

まとめ

いずれにしても、住宅購入はその時の事だけでなく、老後の生活もイメージして、将来的な事も考えて購入する事が大切です。

また、住宅ローン等の資金計画は、余裕を持った計画とする事が必要です。マンションにおいてもこれは同様ですが、戸建の場合はより一層言えると思います。

購入時の家庭環境だけでなく、長い人生設計を考えて、戸建にするかマンションにするか等、失敗のない住宅購入をされる事を願います。