マイホ-ムを郊外に建てる場合。都市ガスとプロパンどちらも選べる地域の場合があります、熱源をどちらにするか悩みますよね。

新築戸建ての場合何かと費用がかさむので、光熱費はできるだけ抑えたいところです。

プロパンガス会社の給湯器無料設置に騙されるな

よく言われるのがプロパンガス会社は給湯器設置無料でプロパンガスの契約を提案してくる。都市ガスはガス会社のタンクから配管を敷設する必要があるので、プロパンガスより導入費用が高くなる。

・プロパンガス会社→給湯器無料設置でお得感を出してくる

・都市ガス→ガス管の敷設費用がかかるため損した気分になる

結論を言ってしまうと都市ガスの方が確実にお得です、プロパンガスは毎月の使用量が圧倒的に高額になるので、いくら給湯器を無料で設置できてもランニングコストが高額になるのでデメリットが大きい、無料で設置した給湯器も毎月のガス料金が高いのでガス会社としてはまったく損にならない。

都市ガスを選ぶメリット

都市ガスはプロパンガスと比べると基本料金はもちろん使用料金も安いです。

供給の卸価格の変動で単位量に価格は変わりますが、比較においては都市ガスの優位さは変わりません。

地区によってある程度バラツキがありますが、価格帯は都市ガスはプロパンガスの約50~70%程度になっています。そして都市ガスは大手の会社が経営を行っており、ガス事業法による安全に特化したインフラが整備されています。安心感は中小が経営しているプロパンガス会社とは比べ物になりません。安全パトの部隊がが24時間体制で各配管の要所要所に置かれています。

都市ガスを選ぶデメリット

ガス会社のタンクから配管を敷設する必要があるので、プロパンガスより導入費用が高くなる事があります。また東日本震災でよくわかりましたが、メインの配管が使えなくなった場合、復旧に時間がかかることがあります。私のアパートはプロパンだったので震災の時でも暖かいお風呂に入る事ができました。同僚が何度もお風呂に入りに来てました。

その他には単純にガスが燃焼効率がプロパンの方が高いので高温での調理はプロパンの方が良い。料理が好きな人はプロパンのが良いと思います。

まとめ

プロパンガスが高いのは、配管や機器といった初期設備を無償で設置する代わりに、ガス代で回収するからです。給湯器無料設置はきっちり高額なガス代で回収されています。また 工務店で戸建を建てた場合はプロパン会社からのキックバックもあるので、偏った提案になることが多いです。

都市ガスが来ている土地であれば、都市ガスをチョイスというのが王道ということになるのでしょう。ただ現在の主流はオール電化ですから都市ガスかプロパンかで悩むことはあまり無いと思います。どうしてもガスが必要だと言う人は最終的には、地域特性、建物の構造などを考慮してベストな選択をするのがいいでしょう。