戸建とマンションの比較をして購入する人は多いと思います、私もマンションと戸建の比較して購入しました。今回の記事は私と同じようにマンションと戸建の比較をして購入した方の寄稿になります。それぞれにメリット・デメリットがありますから自分に合った住居を選びたいですね!

戸建てとマンションを比較して購入しました。広いリビングの広さや、ランニングコストなど色々と比較しました。

私が住宅を検討し始めたのは子供が生まれたのがきっかけです。今まで住んでいた賃貸が手狭になり、戸建てを購入しようとしました。マンションも比較検討しましたのでご参考に案内させていただきます。

私がなぜ戸建てにしたか

マンションと比較して戸建てにした理由は、家の広さと住んでからかかる費用ランニングコストを考えて、メリットがあると感じたからです。
いろいろなショールームや戸建ての現場見学会に行きました。比較するとやはり戸建ての方が、家が広くまた収納もたくさん取れました。子供が生まれてこれから荷物が増えることも考慮して、戸建て住宅しようと思いました。

また金額についても、最初の購入費用はマンションの方が安く抑えられますが、マンションは修繕積み立て費や管理費、駐車場代など目に見えないお金がすごくかかりそうでした。マンション業者の営業の方曰く、駅近くの立地の良いマンションであれば10年たってもまだ売れるため、もし手狭になればマンションを売って、住宅に住みかえる方法もありますと言われました。

しかし、後々住み替えは検討しておらずずっと住みたいと思ったため、戸建て住宅にしました。

戸建て住宅に住むメリット

戸建て住宅に住むメリットは、マンションと比べても家が広く、収納もたくさんあります。またお庭もあるため、お庭で子供たちと砂遊びや家庭菜園を楽しむことができます。また、賃貸と比べても広さが広いため快適に住むことができます。住宅ローンの負担がかかりますが、月々の家賃を考えればあまり負担は変わらず、また自分の資産になる事は最大のメリットだと思います。

住宅ローンには、支払う利息の中に生命保険料も含まれているため万が一のことがあった場合には住宅ローンが残りません。保険効果もあるため、家族に資産を残せると言う意味合いではすごく安心です。

また、マンションや賃貸アパートと違ってすぐ隣や上に部屋がないため、音で迷惑をかける心配がありません。仕事で洗濯機を回すのが、夜になったりしますがあまり気にせず、自分たちの生活のしやすいように家事ができます。
また、ピアノをしているのですが隣に音の気を使うことなく演奏できるので安心です。

戸建て住宅のデメリット

マンションと比較して、駅までの距離などの立地条件はどうしても戸建て住宅の方が遠くなります。
特に駅から徒歩10分圏内は、あまり土地もないため戸建て住宅よりも、マンションの方が選択肢が非常に多かったです。

デメリットの解消方法

駅までの距離については、自転車を使ったり家族に送迎したりすることで解消できるかと思います。
また、駅近くはどうしても音がうるさかったりしますか、駅から少し離れた住宅地のため、生活するには閑静で静かに過ごしやすいです。

これから住宅を買われる方へのアドバイス

マンションにしても戸建て住宅にしても、複数のモデルルームを見学した方が良いかと思います。ネットやホームページで情報は今たくさん見られますが、やはり実際に足を運んでみたり聞いたりした方がより納得できるかと思います。

また、担当する住宅営業マン、もしくはマンションの営業マンもしっかりしてるかどうか、見た方が良いかと思います。
中にはかなりいい加減な人や、若手の営業マンだったりすると誤った知識で話をしてることも見受けられました。

私たちは住宅を購入する際に、お任せした営業の方がすごく知識も豊富で信頼できる方だったので、住んだあともトラブルになることがありませんでした。ぜひいろいろ検討して良いお住まい作りをしていただけたらと思います。