マイホームの購入は、大抵の人にとって一生に一度あるかないかの高額な買い物です。そのため思い切ってマンションではなく、戸建てを選ぶという人も少なくありません。更に後悔しない様に建売住宅ではなく、注文住宅を購入する人も珍しくないです。そして注文住宅を購入する際に、注意すべき点の1つが設計事務所の選び方だったりします。今回はその設計事務所の選ぶときの注意点を紹介したいと思います。

設計事務所とは

そもそも設計事務所とは、建主の要望に沿う形で設計する所です。しかもそれだけでなく設計した通りにきちんと建てられているかを確認すべく、工事を管理したり、建主の予算と希望をすり合わせて調整し、家造りを大いにサポートしてくれる存在となっています。

設計事務所に依頼する利点

設計事務所に依頼して戸建てを建てる利点としては、オリジナリティに溢れる家を手に入れられる可能性が高い事です。設計事務所は予算等の制約を受けつつも、基本的に建主の要望に応えながら戸建て住宅の設計を行ってくれます。お陰で建売住宅では見掛けない様な、個性溢れる我が家にする事が期待可能です。

更に設計事務所に戸建て住宅を依頼すれば、条件面が厳しい土地にも家を建てる事が出来ます。特に都市部では地価が高額であるため、狭い土地しか確保出来ず、そこに家を建てる事も珍しくないです。設計事務所に依頼すれば様々なアイデアや経験を駆使して、狭い土地でも快適に暮らせる家を実現してくれる可能性があります。

他にも設計事務所は、予算に合った家造りをサポートしてくれる事が多いです。そのため予算に合わせて設計を行うだけでなく、施工業者選びも手助けしてくれたりします。加えて建築工事が始まれば、施工業者が設計通りに工事を行っているかを管理してくれるのです。そして万が一、トラブルが起きた場合には、建主と施工業者の間に立ち、問題解決のための調整役も行ってくれたりします。

 

設計事務所で建てる注意すべきデメリット

設計事務所の中には、建主の要望と住み心地とのバランスをきちんと調整出来ない所も存在するのです。そのため設計通りに家が建ったにも関わらず、欠陥住宅と呼べるレベルで住み心地の悪い戸建て住宅が出来てしまう事があります。そのため設計事務所を利用する際は、信頼性の高い所をきちんと選び出す必要があるのです。

デメリットとしては他にも、家が完成して手に入るまでかなりの時間を要するケースが少なくなかったりします。特に実績が豊富で人気のある設計事務所では、1度に複数の案件を並行して進めている事が多いです。しかも依頼者が順番待ちをしていたりするため、場合によって家を手に入れるまでかなり長い時間、待たされます。なので家の購入にそこまで時間を掛けたくない人や、決まった時期までに引っ越しが必要な人にはおすすめ出来ません。

 

設計事務所を選ぶポイント

設計事務所選びに失敗したくないなら、選ぶ際にまず事務所の実績をきちんと調べる必要があります。そうして過去に出来るだけ多くの戸建て住宅の設計を行った事務所を、幾つかピックアップするという方法がおすすめです。

そういった設計事務所は経験が豊富なだけに、建主の要望に応える術や快適な家を設計する術が優れている可能性が高いと言えます。

その上で、実際の利用者の評判もどうかといった所も調べてみる事です。インターネット上には、口コミという形で実際にその設計事務所を利用した経験者が評価を書いています。だからこそ実績が豊富な事務所の中から、口コミ評価が高い所を選び出す事です。

ただし設計事務所と建主の間には、相性というものが存在しています。なので必ず候補を複数残しておき、幾つかの設計事務所に戸建てに関する相談を行ってみるべきです。こうして実際に相談してみて、話し易いと感じたり、自分と好みが合いそうだと思える設計事務所を選び出す事をおすすめします。

①事務所の実績調べる→過去にできるだけ多く設計している事務所が良い

②インターネットで口コミが高い設計事務所を選ぶ

③複数選んだ設計事務所に相談に行ってみて自分の好みの事務所を選びだす