戸建に大きな窓を設置したときのプライバシー面を中心に考察

私は仕事柄、新築の戸建に訪問する機会が多いのですが、最近増えているのがリビング等に大きな窓、または全面ガラス張りなどの施工例です、テレビの物件紹介の番組や別荘を買うのような番組でもこのような開放的なつくりの物件が多く人気が出てきているのだと思います。私もこのようなデザインの物件は好きで憧れがあります。しかしながら何事にもメリット、デメリットがありますので見てきた例をもとにして考察したいと思います。

大きな窓のメリット

メリットとしては当然日当たりが良く眺望が良いなど開放的な面があり気分がリフレッシュ出来ると思います。

特に庭に植樹などをして手入れすれば四季の移り変わりなどを眺める事が出来て素晴らしいと思います。また新築の場合はガラスも部屋の中もきれいで外から見た時の高級感もあります。

近所に新築が何件か立ったような場所でも開口部の広いガラス張りの戸建が一軒あれば周りよりワンランク上の住宅に見えます。

大きな窓のデメリット

デメリットとしては断熱性が悪くなることがあります。当然夏は日差しを直接取り込むので室温は上がりますし、冬場の冷え込みも強くなります。壁の部分と窓の部分を比べると壁はまず外壁の遮熱性があり、壁内部にも断熱材がしっかり入っていますので最近の高性能ガラスであっても断熱性は悪くなり、エアコンなど光熱費の上昇につながります。

またカーテン、ブラインドで断熱性は少し良くなりますが、当然大きな窓やガラス張りをカバーするカーテン、ブラインドは値段が高くなり、大きすぎる場合は特別注文という形でないと手に入らない可能性もあります。

また大きな窓やガラス張りの部分に物を置けないので家具などの配置が制限されます。

そして一番の心配はプライバシーの面です。外からよく見えるので当然家の中がぐちゃぐちゃでは恥ずかしいので見える部分はある程度きれいに保たなければいけませんし窓ふきも定期的に行う必要が出てきます。人の目が気になるタイプの人には不向きといえるかもしれません。

その他には災害時の被害が少し気になります耐震性については専門家が構造計算をしていると思うので家屋倒壊などに直結することはないと思いますが大きな窓やガラス張りの部分が何らかの影響で割れた場合に困る事になります。

最近は災害が多く被害にあった家屋も多く見てきましたが、地震、台風の飛来物、土砂災害などでガラス部分が割れる事はあると思いますが、開口部が大きいだけにその後の生活に多大な影響を与えます。割れたガラスでのケガ等もそうですが、修理までに風雨の吹込みが多いのでその部屋は使用できなくなるので生活の中心であるリビングの場合非常に困ることになると思います。

デメリットの解消法

デメリットの解消法としては、まずはカーテン、ブラインドの設置がまず一番です。値段も高く、場合によっては入手しづらいのは上記でも書きましたが一年中フルオープンというわけにはさすがにいかないので設置することをお勧めします。

あとは庭に木を植えるのがいいと思います。日差しを避ける効果もありますし、プライバシーを守る効果も期待できます。また台風時などの飛来物を多少なりとも防いでくれるかもしれません。

大きな窓のプライバシー面を中心に考察のまとめ

大きな窓、または全面ガラス張りはやはり、かっこよくて高級感があり憧れの対象です。友達などを招いたときなどはうらやましがられる事は請け合いです。ただしデメリットもあり、金銭的にも手間の面でも通常の戸建よりはかかる事は否めません。なので少し余裕のある方にお勧めのデザインになると思います。