戸建を立てるに際し、重要となるものはプライバシーに配慮することです。ここでは戸建を立てる際に、プライバシーに配慮しなかった場合どのような問題が起きるかについても解説をします。

プライバシーに配慮しないと住居内が丸見えに

開放的な住居が理想であるとした場合、垣根など塀を併設しないという手法で周囲を見渡すことができるという手法が一般的ですが、こちらはあまりお勧めできない戸建法です。その理由ですが、戸建で一軒家を持つと仮定する場合、多くは都市に住居を構えます。その為垣根など塀を設けなかった場合、周囲を見渡すことが可能ですがそれと同時にその周囲に住む第3者も同様あなたが住んでいる周囲を見渡すことができるのです。これでは、お互いに住居内の様子が丸分かりでプライバシーに配慮することができないため昔の人は自分の敷地を塀で囲ったのです。

塀で囲むのにはプライバシーを守る以上に意味がある

塀で住居を囲むことは実はプライバシーを守る以上に意味を持ちます。この塀ですが自分の建てた家の敷地内に併設するため、周囲の人に自分の敷地であることを認識してもらえます。この塀があるおかげで他社は自分の敷地ではないエリアには入らない、もしくは入る際に了承を得るのです。塀が無い場合プライバシーが無くなるとともに、敷地の境界線も無くなっているということです。その為塀を設けるということはプライバシーの配慮とともに自分の敷地であることを相手に認識してもらう役割があるのです。

戸建において塀などでプライバシーを守ることができない状況について

都会の土地によっては、塀を併設するに十分ではないエリアというものもあります。これは単純に土地が狭い、または第3者と自分の住居の間隔が狭いなどのことを指します。こうした場合、どのようにしてプライバシーを守るかと言いますと窓にプライバシーを守る装備を装着することでプライバシーを守ります。戸建においてプライバシーは見られることと音が漏れることです。まずは見られることを考慮したうえでお話をするとなりますと窓が挙げられ、窓にカーテンを付ける、窓自体に目隠しの板や金属板を貼り付ける等の方法で窓から外に住居の様子が見えないようにします。プライバシー問題の多くは、窓から見られること、音が漏れてしまうことが主で戸建においてはこの2つを重要視して考えると対策をとりやすいです。

戸建における音漏れのプライバシー問題について

生活音が外に漏れることでプライバシーが漏れだしてしまうという問題は多いです。この問題については、家自体の設計法が関わることが多く、音が響いてしまう設計の住居、例えば鉄筋など金属を使用している住居は音が反響しやすいため、施工の際、防音材、吸音材などを使用して音が漏れ出無くします。その上で重要なポイントが気密性で、鉄筋で作られている家は気密性が低いとさらに症状が悪化し、音が外に漏れ出てしまうのです。逆に木造は気密性こそありませんが、木自体が吸音材となり、そこに吸音材をプラスすることで音を打ち消すことが簡単に行えるのです。肝心なポイントは如何に音を外に漏れださない様にするかが肝心で、それぞれの住居の施工法に合わせて吸音材、防音材を使用することが重要です。

まとめ

戸建においてプライバシーに配慮する方法を記載しましたが、一番身近にプライバシーを配慮する方法は塀が効果的で現在では薄い鉄板で出来た塀もありますので狭いエリアにおいても塀を併設することは可能です。塀が併設できない場合においては、窓に目隠しの金属板などを貼り付けることでも対応できますので窓から中の様子をうかがえない様にすることでプライバシーに配慮することは十分可能です。また、戸建の建て方も工夫することで防音材、吸音材をうまく使用することで生活音を外に漏れ出ないように工夫することで生活音が漏れるというプライバシーも守ることも十分可能です。