戸建てを持つことを夢としている人もいると思います。

実際に私も自分の家を持ちたいと漠然と考えていました。

しかし、戸建てを買うことのメリット、デメリットについてはそこまで深くは考えていなかったように思います。

周りにも戸建てを買った人もいたのでいろんなアドバスをもらったりもしましたが、細かなデメリットについても聞いていなかったし、自分からもきいたりもしていませんでした。

これは自分が実際に戸建てを持つことで、わかったメリットとデメリットについて書きたいと思います。

戸建てを持つことのメリット

戸建てを持つことでの一番のメリットは、自分の家を持てると言うことかと思います。

賃貸契約だとやはり、家を借りていると言うことで、自分のものと言うことではないと感じます。

私にとっての戸建てを持つことの一番のメリットは、周り気を使わなくて言うことでした。

もちろん周りの騒音にも気にならずにすむのでかなりストレスが、違いました。

やはり、子どもがいるとなると足音が気になったりしますし、自分で思っているよりも生活音は気になりました。

それがないことは、本当にメリットでした。

そして戸建てを持つことでのメリットのひとつに自分の好きな間取りや、壁紙、外壁を選ぶことが出来ると言うことかなと思います。

戸建てを持つことのデメリット

戸建てを持つことでのデメリットはやはり、お金についてだと思います。

賃貸でも家賃が発生しますが、戸建てならローンを組んでいればその支払いがありますし、その他にかかる費用が戸建てをもったことで、たくさんあることを知りました。

固定資産税や、維持するために修理するための費用がでてきたり、保険などもあります。

何年も経てば、リフォームしなければいけなくなったりもするかも知れません。

そういう費用も自分で考えないといけないと言うことです。

やはり、借りている家とは違って自分で管理しなければいけないと言うのが一番のデメリットかなと感じます。

他には賃貸の一番のメリットである住み替えが気軽出来ると言うことが、戸建てを買うことでなかなか出来るものではないと言うことです。

実際に住んでみて、近隣環境が気に入らなくなったからと言ってすぐに引越しと言うわけにもいきません。

住み替えが気軽にできないと言うリスクが戸建てを買うことで出てくると思います。

デメリットを軽減

少しでもデメリットを減らすには、もしものための費用をきちんと確保しておく必要があると思います。

もしもの為に費用を貯めておくと何かあったときに安心出来ます。

なかなか難しい事ですが、費用を貯めておかないといざどこかの修理か必要になったときに、その費用がないではすまされません。

自分の家のかんかは自分でしなければいけません。

先々について考えていなければいけないのは、戸建てを買ったら頭に入れておかなればいけないかなと思います。

まとめ

戸建てを買うことでもちろんメリットもありますし、デメリットも出てくるかも知れません。

しかし、それは賃貸に住んでいても多少は出てくるものかもしれません。

近隣の環境によって気軽に引っ越し出来るというメリットをとるか、生活音などの騒音に気を使わなくて言いというストレスフルをとるか人それぞれ選ぶポイントは違うと思います。

それは人によって自分の快適な生活と言うのは違うと思うので、その人にあったものをきちんと考えて選べればいいと思います。

私にとっては、昔から戸建てを持つことか夢だったので家のいろんなデメリットを考えても戸建てを選らんで良かったと思っています。

戸建てを買う時には、何度もメリットとデメリットについて考えてそして、周りからも話を聞いたりしてアドバスを受けるのも必要かなと思います。