戸健の排水管の寿命って気になりますよね。いつぐらいに寿命を迎え、寿命を終えるとどうなるかについて記載をします。

戸建の配管はおおよそ管の寿命って気になりますよね。いつぐらいに寿命を迎え、寿命を終えるとどうなるかについて記載をします。

戸建の配管はおおよそ20年は大丈夫とされているが未知数である

戸健で使用される配管はおおよそ鉄で構成されている配管、または樹脂で構成されている配管の2種類です。その上でメーカーが定める寿命としては約20年は交換の必要性はないとされています。ですが、これはあくまで配管内に水を流すだけに使用する場合です。排水口として使用する場合、配管内には化学薬品を流すこともありますし、洗剤を流すことも考えられます。その上で寿命を縮める要因もありますので20年持つとされていますが持つかどうかは未知数です。

配管が寿命を迎えると戸建にどのように影響を及ぼすか

まず配管が寿命を迎えた場合、多くは配管から水漏れを生じます。この時何を排水しているかによっても影響が異なり、例えば2回にお手洗いが設置されていてトイレの配管が寿命を迎えた場合、汚水が漏れだすことも考えられ、汚水が建築物を侵食することも考えられます。この時初めて、配管が寿命を迎えたと気が付くこともありますので定期的に配管を専門の方々に診断してもらう必要性もあります。

専門家はX線など診断をする上で配管の状態を確認することが可能な装備を持っているため、新築においては何年かに一度排水施設のチェックとして診断をして貰うことが配管の寿命をいち早く知る手掛かりにもなります。

戸健の配管リフォーム費用が高くなる要因とは?

戸健の配管費用が高くなる要因ですが、住居が複数にまたがる場合、リフォーム費用は高くなります。例を挙げますとマンションなどのような第3者が一緒に住むような住居であれば、配管の構造がややこしくなり、別々に水道を引いているのか、共同で同じ主線から水道を引き入れているのかなどリフォーム工事をする上でどこまで水道を止めるかということもありリフォームの価格が高騰するのです。一般的な1軒屋の場合であれば、水道を止めるのはその家庭のみでよいためリフォームをする際もその家庭だけ水道を止めればよいのでリフォーム代は安く済むのです。ですので水道の元栓がどこにあり、共同であるかどうかが配管リフォームを行う際、リフォーム代が高くなる要因になるのです。

戸健の配管を長持ちさせる方法とは?

住居の配管を長持ちさせたいと間がる方は多いはずです。長持ちをさせる方法としては、水道を流す際、食べ物を流したりせず、あくまで中性の洗剤で食器を洗う程度にとどめることです。

各薬品を使用して配管のつまりを取るなどをしても寿命は縮むため化学薬品にて配管を掃除することも望ましくはないです。

どうしてもパイプが詰まった場合、配管を取り外し、つまりを取り去るなどが望ましいメンテナンス法で、どうしても自分で配管を取り外すことができない場合は専門家の方に自宅に来ていただいた上で清掃してもらうのが一番配管を長持ちさせる方法です。

特に配管は熱いものを流しても耐久性が低下します。特に、樹脂なんかで構成されている配管は樹脂のつなぎ目が外れる要因が熱いものを流すことなので、熱いものを流すことにも気を付けましょう。

まとめ

戸健においては配管の寿命はいつぐらいになるかについては、耐用年数としては20年は大丈夫とされています。ですが、熱いものを流したり、パイプのつまりを修繕するために薬剤を使用した場合、配管は劣化しますので20年よりも早く寿命を迎えます。

その為望ましいのは定期的に専門家の方に来ていただき、X線などで配管を見てもらうのが望ましく、配管の劣化が判明次第リフォームをするのが望ましいですが、リフォームを行う際、配管が、共用の配管であるか、独立している配管であるかを確認したうえで工事を行わないとマンションのような配管の場合、第3者の住む方の水道を止める必要が生じリフォーム代金が跳ね上がることも考えられます。