戸建の外壁の色選びにおいて失敗したという方は多いはずです。ここではどのようなことを外壁の色選びをする際に気を付けることで色選びに失敗することなく外壁をきれいに仕上げることができるかを解説します。

①戸建において外壁の色選びはイメージが変わる要因になる

外壁の塗装において一番多い失敗例がこの問題でイメージと異なる外壁の色になってしまったという問題が多いです。

この問題は、カタログなどの塗料カタログと実際の塗料の色が異なり色味が異なりを見せているということです。特に多いのが赤色などのほか黄色など明るい色でカラフルな外壁塗料ほど思っていたイメージとかけ離れた塗装となることが多いです。

対策としてはあまり派手すぎず、カラフルな外壁にしないことで外壁の塗装による失敗を防ぐことが可能です。

②戸建の外壁を塗装する際、太陽光が当たることを考慮して外壁の色選びを行うことが重要

外壁が異なる発色となる要因は太陽光が当たることです。

そのため色見本なども実際に太陽光を当ててみてから確認しなければ実際に外壁を塗装した際、色見本と同じ結果になることが多いのです。

何故、太陽光が当たることで色味が変わるかですが、色は太陽の光の当たり方により影が生まれ、カタログ通りの色味と異なる色味を出すからです。

そのため、確認を込めて色見本に太陽光を当てたり、水滴を垂らすなどをして雨に濡れた時どのようにカラーリングが変化するかを確かめたほうが良いのです。

雨粒も光を屈折させる要因になるため、外壁によっては色味が変わってしまうため、雨の状況もできるだけカタログの上で再現する必要があるのです。

③戸建の外壁に使用する塗料は艶があるか無いのかを確認することが重要

住宅に使用する塗料には艶を持たせ光沢を出す塗料、艶を一切消し去りあえて薄暗く見えるよう加工を施すフラット塗料、使い古された印象を与えるセミグロス塗料などの種類があります。

これらは塗料カタログにて確認することが可能で太陽光を充てることで艶があるのか無いのかを確認することができます。この確認を怠り、適当にフラットだセミグロスであると決めてしまうと異なる外壁の印象となるのです。

そのため事前に同じような色に見える塗料カタログでもきちんと光を当てて確認することが重要です。

④戸建が近隣の外壁とかけ離れた色をしている

この失敗例は事故が所有する住居が近隣の住居とかけ離れた色味をしており浮いてしまっている状況を指します。

この場合、日本家屋やモデルハウスなどと大きくかけ離れた色味の塗料を使用している場合が多く、対策としてはそのまま気にせずに住むか、再度近隣の住居に合わせてカラーリングを変更することが望ましい対処法です。

まとめ

住居において外壁の色選びを失敗してしまうことはよくあり、その多くがきちんとカタログの色を把握していないために起こり得る問題であることが多いです。

塗料は光のほか水滴が当たると見え方が異なり、そのことを考慮せずに塗料を選んでしまうと、塗装を完了した後にこんなイメージではなかったと後悔してしまうのです。

これは塗料の種類にも関係があり、つやがある塗料であるのか、つやを消し去り暗い印象を与える塗料であるのか、はたまた、使い古された印象を与える塗料であるかを把握している必要があります。これらを適当に決めてしまうと高級感がある外観をしている住居でも外壁に使用されている塗料が明るすぎることにより急に安っぽく見えてしまうのです。

また、近隣の住居とイメージがかけ離れた外壁の色味がある場合も同様に周りの風景に溶け込んでいない塗料を使用した場合も外壁の色選びに失敗したと言え、この場合は周囲の外壁の塗装色に合わせるかあえて異なる風管でも気にしないなどの心構えが必要になります。