現在副業ブーム到来で不動産投資をするサラリーマンが急増しているようです。私の知り合いでも賃貸用のマンションやアパートを持っている人、土地を駐車場にして貸し出している人もよくいます。今回はそのメリットについて少しお話したいと思います。

因みに私も1Rマンションを持っていて月々39,000円ほど収入があります、購入価格はペイ出来たので後は賃貸を継続すればするだけプラスになります。今はワンルームマンションの建築をするところはほとんど無いので貴重な物件かもしれません。

かつての不動産投資とは

一時期、サラリ-マンをタ-ゲットにして不動産投資のブ-ムがありました。日本中がバブル景気で浮かれていた頃です。

日本中の土地が。毎年毎年値上がりし、その上に建てられた建物、特にマンションは音を立てて値上がりした時期の頃です。

金融機関も申込者の収入とは関係なしに、大金を貸し付けて、その借りられた現金でサラリ-マンはマンションを購入しました。

数年たてば、マンション価格が1.5倍から場合によっては2倍まで値上がりすることもありました。

それが不動産投資の鉄則で、バブルがはじけてしまうまでそれが正しいセオリ-になっていました。

投資の案件は、どんな投資の場合でも最初の人、変化に気が付いた人は儲かりますが、あとからそれを見て参加した人は損をするようになっています。

不動産投資の場合も、それは同様でした。サラリ-マンで莫大な借金をしてマンションを購入し、物件がドンドン値下がりして、大損をしてしまった人が多数出たことはいまだに人々の記憶にくっきりと残っています。

投資としての不動産とは・?

不動産投資とは、不動産を購入することにより利益を得ることを言います。

具体的には不動産投資で利益を得る方法には2つがあります。

一つは、インカムゲイン方式です。インカムゲイン方式とは、不動産を第三者に賃貸し家賃収入で利益を得る方式を言います。

もう一つは キャピタルゲイン方式です。キャピタルゲイン方式とは、安い価格の不動産を購入し、景気や需要により価値が上昇した際に、入手した時の購入価格より高く売却し利益を得る方式と言います。

バブル全盛期には、このやり方で、サラリ-マンでありながら、数億稼ぎだした人が出ましたし、普通にマンション投資を始めた人たちの一部の人たちは数千万円を蓄財することが出来ました。ただ開始が遅かった、いわゆる投資に乗り遅れた人たちのなかには、借金を背負い込んで、毎月の給料の半分近くを借金返済に充てることになったサラリ-マンが沢山いました。その為、しばらくはサラリ-マンの不動産投資熱は下火にはなっていました。

今するべき不動産投資

キャピタルゲイン狙いの不動産投資するのではなく、不動産をサラリ-マンが所有することで得られる様々なメリットを目標にするのが、賢いやり方になっています。

具体的には、サラリーマンが不動産投資するメリットは、いろいろありますが、およそ4つあります。

まず、管理の手間がかからないことが一番でしょう。サラリーマンの方にとっては、昼間は会社の仕事をしているので投資として、FXや株式など細かく動向についてチェックは難しいですね。一方、不動産投資の場合、物件の管理、入居者の管理など多くの業務を管理会社に頼めるので、ドタバタはありません。

そして節税の効果が大きいのはサラリ-マンならでは投資と言えるでしょう。サラリーマンが不動産投資をした場合、不動産投資による「不動産所得」と本来の給与所得と損益通算することになります。意識的に、不動産経営での年間収支が計算上で赤字にして、給与収入と損益通算をし、確定申告をすることによって納めすぎた「所得税」の還付が実現します。これはサラリ-マン生活では、普通にはあり得ないことになります。

また、不動産を購入するために、サラリ-マンが金融機関に相当額の借金をすることになりますが、万一死亡するということがあった場合、その借金は返済不要になり、残された家族にとっては、変わった形の生命保険ということになります。

そして、将来、借金の返済が完済した時には、対象マンションの賃料が毎月入ってくるようになります。いわゆる私的年金ということになるのですね。

まとめ

今回はサラリ-マンが行うべき不動産投資のメリットについて解説しました。物件を厳選して、開始すれば快適な大家生活を送ることが出来るでしょう。