不動産関連を扱う際に役立つ資格を紹介します。不動産の知識を得ることにも応用できる資格もありますので取得することで円滑に不動産売買を行うことができる物についても解説します。

不動産資格で王道な宅地建物取引士

この資格は国家資格で不動産を扱うことができる資格です。この資格の利点は正に国家資格であり、不動産を扱うことを許された資格であることです。不動産関連のお仕事では必ずと言ってよいほどこの資格を有した方を最低限5人に1人は会社に設けなければならないほど重要視されています。その為営業関連において不動産を扱う業務を担う会社に就職した際に活用できる資格です。また、不動産の知識を身につけていることの証明にもなりますので不動産の会社に就職しなくても大いに役立つ資格です。

不動産コンサルティング技能士の資格

こちらの資格は不動産の紹介業務を担う際に活用できる仕事で宅地建物取引師と異なる点としては、あくまでこのような物件やサービスがありますよと紹介する業務であることです。受験資格もあり一級建築士の他不動産鑑定士などで5年以上実務経験が無ければ取得することはできない資格です。この資格はプランニングを行うことが主な業務になりますので販売をする仕事ではなく、サービスの他物件を提示することを主な業務としていてこちらも同様不動産を扱う上で取得することを考えるべき資格です。

不動産売却の知識を問う任意売却取扱主任者の資格

こちらの資格は不動産を任意で売却詰まり、自ら売買をする際に必要とされる知識を持っているかを把握するための資格です。国家資格ではなく民間の資格で、自らが不動産の売却を申し出ることで直接競売を避けながら直接購入者と売買を行うことについて理解があるかを把握するための資格です。民間の資格であるため抗力としては国家資格の様に絶対的な効力があるわけではないのですが取得することで得られるポイントとしては、ローンを組み購入した物件を手放す際、競売を掛ける必要性を回避することなどの知識を得ることができることです。あくまで知識を得ることができるということですので知識を持ちながらその知識を生かせるかどうかについては別問題となります。しかし、不動産に関連する資格であり合格率も70パーセントあたりと高く近年では評価を受けつつある資格です。

不動産所有者のお悩みを解決マンション管理士

この資格はマンションの抱えているトラブルを解決するための助言を行うことができる資格です。マンションを管理する管理人の資格と勘違いしている方が多いのですがそうではないです。この資格は国家資格でマンション&物件の抱えている問題を解決するための助言を所有者に進言することで報酬を得ます。この資格は利点としては、マンションの維持方法や抱えやすいトラブルの解決策などを学ぶことができる資格なのですが問題点もあり合格率がかなり低く8パーセント台と低いことです。宅地建物取引士が15パーセントの合格率であることを踏まえるとかなり低い合格率の国家資格です。

まとめ

不動産関連の資格は国家資格と民間の資格があり、宅地建物取引士やマンション管理士など国家資格においては不動産業において業務と直結することが多いです。逆に民間の資格は知識を問われることはあっても業務において絶対的な権限が無いのが特徴です。これらの特徴を踏まえたうえで必要とされる不動産資格を取得し、不動産業などの仕事に役立たせることが重要です。なお、民間の資格だからと言って意味が無い資格であるかと言われるとそうではなく、知識の身を重要視することもありますので一概に民間の資格だからと言って不必要な不動産に対する資格であるという訳ではないのです。