戸建を立てた際、騒音が発生しやすい場所を説明します。これは、戸建を立てる際、建て方によっても騒音が発生しますので戸建を建てる材質なども解説をしたうえで戸建の騒音の原因を解説します。

生活音が外部に漏れる騒音の発生は気密性に問題があり

戸建を立ててから生活音が外に漏れだし、騒音として近隣の方から苦情が来たというお話はよく聞きます。この生活音が外に漏れ出る原因ですが、住居の気密性が問題となることが多いです。簡単に言ってしまえば木造建築などの場合、どうしても隙間が生まれその隙間を埋めるために防音材などを使用しますが、この防音材、必ずしも音を吸収するとは限らないのです。と言うのも、防音材など住居に使用する緩和材はあくまで症状を緩和するための物で新築であっても使用された時点で劣化をします。その上できちんと緩和材を配置しているかというのも重要で緩和材をきちんと配置できていない場合、十分に防音効果を望めないことが多いのです。その為、現在木造以外の住居であればこうした防音材を扱いやすく作られており、木造建築以外で気密性が高くなったのはこうした緩和材を取り扱いやすいように設計をしているからです。

音は振動となり壁から伝わり騒音となる

音は振動になり住居の場合壁から伝わります。この壁が厚くなおかつ振動をしない壁であれば音は伝わらないということになり、コンクリートが防音性が高いのは振動しにくい壁でかつ厚みがあるからです。逆に木造の場合、しなったりして家を支えるため、案外耐久性が高いのが利点ですが、防音に関しては音が振動となり伝わりやすく柔らかい素材であるため共振を起し生活音が大きく外に聞こえる結果になりやすいのです。その為、現在では木造の建築物の壁に振動を防ぎ防音効果のあるタイルなどを使用して住居の騒音を防いでいるのです。

鉄筋は音が響く特徴があるため騒音となりやすい

鉄筋で住居を作った場合、鉄は振動を伝える際、金属自体が固いため、音が反響してしまうという問題があります。これは金属の住居は気密性が高いが反面、生活しているうえでの騒音の吸収は防音材が行うため、防音材をきちんと使用して有効活用しないと、生活音が外に漏れることはないが、自分たち生活者側はうるさいという問題が起きやすいのです。生活音を外に漏らさないことが利点ですが、その音自体がなくなるわけではなく、その音を何かで吸収する必要があり、そこで活躍する素材が防音材となります。鉄筋の場合はこの防音材を十分に活用してないと音が反響試合、住居内がとてもうるさい騒音状態に陥りやすいということです。この時に窓を開けると音が外に逃げますが反響した音が逃げるため、鉄筋コンクリートなどの家庭で窓を開けている家庭から生活音が聞こえるというのはこうしたからくりがあるためです。

騒音を防ぐには、住居の気密性と防音材が肝心

新築や中古物件において騒音を防ぐ場合住居の気密性を挙げた上で防音材をきちんと配置してもらうことが重要です。気密性を上げた場合、騒音が外に漏れないようになりますが、音を吸収しないと住居内に音が反響するため、防音材を使用して音を打ち消すことが重要であるということです。

まとめ

戸建においての騒音の原因を限りなくまとめたうえでその対処法を最後に紹介しました。住居の音が漏れる要因は壁と窓にあり壁が薄い点、窓が開いているなどの状況下であれば十分外に音が漏れてしまいます。この点を踏まえると、住居の壁を厚くして、住居の窓を閉めたうえで防音材を壁にきちんと配置することで住居内と住居の外に漏れだす騒音を打ち消すことができます。