一人暮らしをする際には、通常は戸建ではなくてマンションなどの集合住宅を選ぶ人が多いです。
しかし、その傾向は必ずしも現代で増え続けているとは言えません。
戸建において一人暮らしを考えている人、実際にそのような居住形態をとっている人は徐々に増えてきているのです。
一人暮らしは集合住宅という既成概念が徐々に崩れてきているということになりますけど、それは戸建に一人暮らしをすることの意味が存在し、そこに魅力を感じている人たちが増えているからなのです。

集合住宅は他の住人のことを考慮する必要性が高い

戸建の魅力はいろいろなものがありますが、やはり自分たち以外の住人のことを気にしないで良いという部分が大きいでしょう。
通常マンションなどには自分たち以外の住人がいますし、隣近所の人たちのことをしっかりと考えていかないといけないのです。
ただ、戸建は隣近所をそこまで気にする必要がなく、割と自由に振舞いやすいです。
また、一人暮らしで戸建に住むときには、家の中にはいるのは自分だけなので、そこは非常に魅力的と言えるでしょう。
だから、自分がやりたいことを実践しやすい環境であると言えます。

ペットを自由に飼うことができる

一人暮らしで寂しいときにはペットに癒してもらうということを考える人が多くいるのですが、集合住宅の場合にはそれが不可能なケースがあります。
ペットを飼うとなると、そういったところ気にしないといけないわけですから、必ずしも望み通りにはいかないということが言えるのです。
そもそもペットが飼えないところもありますし、飼えるところでも制限があったり、隣近所などに気を遣いながらということになれば、苦労もあるはずなので、そういった部分に関しては戸建の方が楽に感じるはずです。

庭を含めた広い空間を満喫できる

広い集合住宅に住むことで、一人暮らしの場合にはその空間の広さを満喫することは可能かもしれません。
しかし、集合住宅には庭と呼べるようなスペースがほぼないので、そこは戸建との違いになるのです。
庭を含めた空間というところが戸建の特徴であり、庭を有効活用することでライフスタイルを充実させることもできます。
どのように使うか?はその人次第ではあるものの、庭の有無によって生活の充実度が変化する場合もありますから、例えばガーデニングなどを行いたいという考えている人にとっては、戸建に住む意味は十分にあります。
庭がある時点で非常に広々とした空間に感じられますが、こういった面でもメリットがあるので、自分の好き内容に庭を使いたい人には一人暮らしでも戸建に住むことはおすすめです。

いざというときに頼れる人がいない

家に関して、いざというときに頼る人がいないというのは戸建に住むときの注意点です。
集合住宅ならば管理人がいるのですが、戸建はそういった存在がいません。
一人暮らしだと、他に同居している人もいないので、自分の住んでいる家で何かしらトラブルがあったときや困ったときに頼る人がいない状況なのです。
したがって、そういったケースでは自分で解決するか?近所の人たちに頼るなどの手段をとらないといけないので、マンションなどのケースと比べると苦労が多いということです。

戸建一人暮らし用の間取りを考える

戸建で一人暮らしをする場合の注意点についていくつか紹介したいと思います、お客さんが来るからとか身内が来るからなどは2の次で良いと思います。一人暮らしなんですから自分が住みやすいように老後の事も考えて快適にするのが一番です。

・北側の窓はできるだけ小さくする
これは一人暮らしの防犯の意味で北側の窓は小さくし人が侵入出来ないようにすることが良いです、自分以外誰も助けてくれる人はいませんからね

・和室はNG!洋室にするべき
老後のことを考えると和室で敷布団に寝る事は辛くなります、ベッドの方が腰を痛めることも少なく湿気対策にも効果的です。床の汚れも畳だと掃除しにくいのでフローリングが良いです。

・トイレは寝室の近くに
これも老後の事を考えてですが、どうしても歳をとるとトイレにいく回数が増えます、なんなら寝室から直接トイレにいけるぐらいの間取りでも良いかもしれません。

・平屋が良いという考えは古い
どうしても戸建の一人暮らしというと平屋をイメージしますが、体が動けるうちは2階があっても問題ありません、おっくうになってきたら2階を倉庫がわりに使い、1階を広々と使うことも可能です。子供達夫婦が泊まりにきた時も2階の部屋を使ってもらうことも可能です。平屋だと面積を広く使ってしまう為割高になってしまいます。

・部屋は基本狭くて良い
歳をとると部屋が広いことがどんどん大変になります、余計な部屋を作らず各部屋は掃除が楽なように小さく作ることが良いと思います。

・扉は引き戸に
扉は引き戸が良いです、開き戸だとどうしても後ろに下がったり物の出し入れに不便だったりするので老後のことも考えると引き戸一択です。

まとめ

一人暮らしで戸建に住むというケースは割合としては低いかもしれませんが、徐々に増えてきているケースでもあります。
ペットを飼うとき、庭を有効活用したいときにおいては、一人暮らしであっても戸建を選ぶメリットが十分にあるのです。
こういったと一人暮らしでも戸建に住む意味や注意点を理解したうえで、自分にとって理想的な住まいであると感じられたときには、実際に戸建てで一人暮らしをすることを考えていくと良いと言えます。