風水は中国発祥の方位や色に基づく環境学で参考にすることで運を開くことが出来ます。この記事を読み終わるまではぜひ「全て信じます」というスタンスでいていただけたらと思います。今回特に戸建てのマイホームを立てる時に外観や間取りの決定時に知っておいて欲しい風水の知識をいくつかご紹介します。

・玄関について

玄関は戸建て住宅の中で家の雰囲気を決める大事な場所ですが風水でも重要です。運気が入ってくる場所なので出来るだけ良い方角に作らなければなりません。良い方角とは家の中心人物の吉方位を調べてその方向にすることがベストです。吉方位は有料で教えてもらうのが簡単で確実ですがインターネットで調べられるサービスもあります。

また、玄関から廊下が真っすぐ伸びその先に窓がある間取りは風通しが良くいいように思いますが、風と一緒にせっかくの運もすぐに出て行ってしまうのでその並びは避ける必要があります。階段も同じで良い運気はグルグル部屋中を巡ってもらいたいのですぐに2階に登って行ってしまうと意味がなくなってしまうのです。ちなみに階段はリビングにあると運気がグルグル巡る経路としてはふさわしいと言われています。十分1階を巡った後2階に上がって行くという流れですね。

またトイレはマイナスの気がこもると言われるので、出来るだけ運気を上げたい玄関や寝室の近くは避けた方がいいと言われています。

・外壁について

戸建て住宅を建てる時外壁のカラーは需要です。同じフォルムでも外観のカラーの違いで大分印象が変わって来ます。白なら清潔感とか爽やかな印象になりますし、ブラウン系なら落ち着いた雰囲気になるでしょう。運気を重視したいなら外壁の色も風水に基づいて選ぶといいでしょう。

家族も含め人間関係を良くしたいなら、外壁として選ぶべき色はベージュが良いでしょう。オレンジも同じ効果のある色と言われますがオレンジ色の家はちょっと日本ではハードルが高いですよね。

仕事運がどうしても上がらないイコール収入も上がらないという悩みを抱えているなら、そこを改善するために仕事運をあげる色グレー系の外壁がおすすめです。落ち着きを与える色で汚れも目立たないので選択ありの色です。

金運を上げたいならば黄色にすればお金がどんどん入ってくると言われますが近所の人に「一体どうしたの?と思われそう」と敬遠してしまう人も多いでしょう。そうでもなければぜひ黄色の外壁を選択してください。でも「やっぱりちょっと」という場合は黒の方が実現可能なのではないでしょうか。黒も同じ様に金運を上げてくれると言われています。そして人間関係を取捨選択する色と言われるので自分にふさわしい人が集まってきて良好な人間関係を築いて行けるでしょう。

・子ども部屋の位置について

子ども部屋の位置ですが余裕があれば2か所に設けるのがベストです。その理由は成長に応じてふさわしい方角が変わるからです。体が成長する中学生頃までの時期は太陽エネルギーをもらえる東や東南が良いと言われています。その後高校生くらいから勉強に集中する必要が出てくるころからは北の方角が最もふさわしいと言えます。余裕があれば2か所に子どもが使える広さの部屋を用意し大人の部屋と交換するといいでしょう。

・まとめ

戸建てのマイホームを少しでも自分でデザインできるならば、風水の知識があれば選択に迷いが生じた時に自信を持って一つの選択が出来る場合があるでしょう。ここで紹介したのはごくごく一部の情報ですが、都会だと家を建てる土地も狭く方角など気にしていたら間取りがメチャメチャになってしまうなんてこともあるでしょう。風水で運気が上がればこんな良い話はありませんが、あまりとわわれることなく偶然間取りが風水通りになったら「ラッキー!」くらいの感じでもいいのではとも思います。