戸建購入談として実際に戸建を建てた、購入した人の体験談です。私の周りには戸建を建てた人がたくさんいます、そんな人達の体験談を紹介していきたいと思います。

今回の記事は同居していた両親との生活にストレスを感じ新築を考え大和ハウスで家を建てた方のお話です、家を建てるときは焦って建ててはダメですね、ある程度の勉強が必要かと思います。私ももう少し勉強してから購入すればと思う時があります。一生に一度の大きな買い物です、ゆっくり時間をかけて満足のできる戸建を建てたいですね!

建てたハウスメーカー

私は、それまで私の実家の2階で、私の両親と私の妻と2歳になる長男と一緒に同居していた家の隣に、二人目の子供が誕生したのをきっかけに、その翌年に、私の家族のために建てた家のハウスメーカーは「大和ハウス工業」です。「大和ハウス」を選択した理由の詳細は次項で説明します。

大和ハウスを選んだ理由

そのハウスメーカー「大和ハウス」を選んだ最大の理由は、実家がアパート経営でつきあいがあったからです。
昔、古い木造のアパートに住んでいた時に、柱が白アリに喰われているのを見てしまい、ぞっとしたので、やはり家は軽量鉄骨メーカが良いと考えました。
私と妻としては、最初は「積水ハウス」もしくは「積水ハイム」を検討していて、「大和ハウス」は考えていませんでした。
私たちが戸建てを建てた時は、リーマンショック前で、日本の景気も会社の景気も上昇気流に乗っていて、住宅ローンの金利も上昇していました。テレビのCMも、今ではあまり住宅メーカのCMを見ませんが、当時は「積水ハウス」も「積水ハイム」も「大和ハウス」も各社住宅メーカーが沢山CMをしていました。それで、各社の会社を見学もしてみました。
その結果、当時流行りだった大和ハウスの外張り断熱「ジーボ」が一番住みやすいと判断しました。
また、見積もりしてもらった結果も、一番安かったのがラーメンボックスの積水ハイムで、2番目が大和ハウス、最高値が積水ハウスだったので、一番コストパフォーマンスの良かった大和ハウスに決めました。そして、決め手は最後、両親に相談した結果、実はアパート経営の管理会社が「大和ハウス」だったこともあり、少し勉強してもらって、最終判断となりました。

間取りと建坪

間取りは、1階17坪の2階建てで、合計の建坪は34坪になります。すぐ隣に実家があって、実家が母屋になり、母屋は我が家の2倍以上の建坪で、人寄せなどはそちらの母屋で対応することにしたので、我が家には実生活上の機能的な空間しかなく、和室や人寄せ用の部屋などは備えておらず、基本的に無駄がない間取りとなりました。
間取り詳細は、1階が玄関と10畳のリビング、6畳の食卓と6畳のキッチン、お風呂場、トイレと炊事洗濯場です。
2階は、6畳の寝室とベランダ、12畳の子供部屋、4畳半の物置部屋と言う間取りになっています。

土地代を抜かした建築費用

何も知らずに立ててしまいお恥ずかしく、あらためて思うと明らかに高価だと思いますが、建築費用は合計で、2千5百万円になりました。正直、高いです。
建坪34~35坪なので、坪単価74万円になり、世間一般的な坪単価30~50万円なので、その2倍ぐらいの費用が掛かってしまったと思います。

戸建を建てて良かったところ

精神面での生活改善効果が抜群に改善し、家庭円満になりました。
それまでは、妻と私の両親の板挟みにあって、正直、生きた心地がせず、さらに二人目が生まれて、もうこのままでは精神的におかしくなりそうだったので、別棟で暮らすしかないと判断して、人生最大の買い物を決断しました。
別棟と言っても、直ぐ隣りだし、同居している時の様に、時間に関係なく、私の両親が部屋に入ってくることもなくなり、私の両親と妻との板挟みになるストレスからは大変解放され家庭円満になりました。

戸建を建てて失敗したところ

とにかく焦って建ててしまい、勉強不足でした、又、経済面では大失敗だったと思っています。

家を建てた時、リーマンショック前の2006~2007年だったので、これからも日本経済は上昇して、金利も上がるから、今すぐ契約しないと損するだとか、35歳直前で、35歳過ぎるとフラット35とかの長期ローンが組めないとか、今にして思えば、焦らなくても、その後の日本経済は凄い低迷して、住宅ローン金利もメチャクチャ下がったし、長期ローンもフラット35以外にも色々出来たので、今にして思えば、当時の住宅メーカーや銀行や建築会社の担当者たちに、私は完全に騙された気がしています。

当時は当時で、本当に日本の経済は上昇していくと誰もが思っていたので、先の事は誰も分からないと言えば、それまでですが、借りるのは自分自身なので、焦って、高い金利で10年間も払い続けた私は馬鹿だったと思います。あと1年遅ければ、リーマンショック後になり、すごい金利が下がって、ローンの支払いも楽だったと思います。現在は、金利も見直してもらって半分以下になって、楽になりました。

これから戸建を建てる人へのアドバイス

無理せず焦らずじっくり決めてください。そして、良く勉強してください。
特に今すぐに決めないと損しますとか言う外圧は、完全に無視してください。そんなに焦らせるなら、契約しない方が良いと思います。
とにかく、じっくり自分自身に最適なプランと返済計画で契約して下さい。
これから戸建てを建てる皆様へ、焦らずに良い家と良縁に巡り合えますよう、幸運をお祈りします。