戸建購入談として実際に戸建を建てた、購入した人の体験談です。私の周りには戸建を建てた人がたくさんいます、そんな人達の体験談を紹介していきたいと思います。

今回は趣味のバドミントンに特化した戸建をローコスト住宅で新築!戸建だからできる自由設計に満足している方の投稿です!

ローコスト住宅で作る趣味の家

初めに私が建てた戸建のハウスメーカーはレオハウスです!レオハウスといえば住宅の価格破壊をスローガンにしたローコスト住宅をメインに販売しているハウスメーカーです。

賃貸マンションから戸建への気持ち変わり

結婚してからしばらくの間賃貸マンションで生活していました。

私の実家も賃貸で、親せきなど集まる場所もなかったので、漠然と、自分が家を建てないといけないかなとは考えていました。

また、家を建てるなら少しでも早くしないととも思っていました。

隣人も「今住んでいる賃貸に1000万円ぐらい入れた。もっと早く決断していれば家を建てられたかもしれないのに」と言っていました。

きっかけはレオハウスの営業マン

そんな時、レオハウスの営業の方が私の家に営業にきました。ちょうど賃貸に住んで1年ぐらいたったころでした。

それをきっかけに私は近くのハウスメーカーや工務店巡りをしました。

私は収入があまり多くはないので、第一条件としてローコスト住宅のメーカーというのがありました。

ローコストの中でいくつか候補を見つけ、メーカーを訪問したり、モデルハウスを見に行ったりしました。

その中で結局一番初めに営業にきたレオハウスが、価格の面でも、家の雰囲気や営業の方の対応にしても、私に合っていたので、レオハウスに決めました。

間取りと坪数、建築費用

間取りは4LDK

一階がリビングダイニング、和室、キッチン、トイレ、浴室。

二階が子供部屋2室と主寝室、トイレです。

建坪は37坪

土地代を抜かした建築費用

建築費用は1500万円

戸建を建てて良かったところ

1、自分の好きなようにアレンジができる。

2、隣との距離があり騒音などがない。

3、意外と月々の費用は掛からない。

自分の好きなようにアレンジができる

まず1の自分の好きなようにアレンジができるというところですが、私の家族はみなバドミントン一家で、ほとんど365日バドミントンばかりしています。ですから家の中もバドミントンがしやすいようにいろいろなところをアレンジしています。

例えばリビングの壁には、壁打ち練習がしやすいように、壁打ちようの壁を設置し、取り付けています。

また、リビングと和室の間には、バドミントン用のネットを取り付け、いつでもバドミントンができるようにしています。

屋外も壁打ちや試合ができるように様々なところにアレンジを加えています。

このようなことは、戸建てじゃないとできないと思うので、バドミントン一家の私の家としては、戸建てでよかったと思います。

隣との距離があり騒音などがない

2についてですが、先述した通り、私の家は家の中でバドミントンをするので、隣近所が近いと騒音を与えてしまいます。

その点でも、隣との距離があるので、近隣を気にすることなくバドミントンができ安心です。

意外と月々の費用は掛からない

3についてですが、月々のローンは前住んでいたマンションより安いので、月々の費用は意外と掛からないところも戸建てを建ててよかったところの一つです。

戸建を建てて失敗したところ

失敗したと思う点はあまりありませんが、唯一あるとしたら、近隣の新築の家などを訪問すると、間取りや家の中がとてもおしゃれでうらやましく思うことがあります。

私の家は間取りなどとてもシンプルで、住みやすいのですが、少し面白さに欠けるところがあります。

これから戸建を建てる人へのアドバイス

上に書いた通り、不満な点はあまりありませんが、シンプルですみやすい家にした分、少し面白みに欠ける家になってしまいました。

今思うのは、もっとたくさんの家を見てから家を建てておけば、もう少し面白みのある家になったのではないかと思います。

これから家を建てる方には、できるだけ多くの家を見て、自分の建てたい家を想像してから建てることをお勧めしたいと思います。

あと、家を建てたいと思うのなら、短期のローンを組むと毎月の支払いがしんどいので、少しでも早く建てたほうがいいと思います。