不動産会社の詐欺が横行しているようです、その不動詐欺とはどういうのもがあるのかを知ることで詐欺にあわないようにしましょう。信用できる不動産会社を見極めるポイントも紹介したいと思います。

悪質な不動産会社の詐欺の方法その1 手付金詐欺

悪質な不動産会社においては一番確実にお金をだまし取る方法としては、手付金詐欺があります。

手付金とは、不動産においては契約が成立して契約者が売り主に支払い、売主は買い主に物件を受け渡し後に手付金を返すという仕組みでこの時、不動産を購入または借りる側が心変わりした場合、その不動産は解約となり解約のために飼い主から手付金として罰金を取ることができるという制度です。

この制度を悪用して悪質な不動産会社では売主に対して物件を渡さずに逃げることで手付金の全額をもらうということです。この場合、相手の信用情報が大事で悪質な不動産会社においてはまず信用できるかどうかで判断をすることが重要になり、悪質な場合は評判ですでに怪しいと判明し、また悪質な不動産会社は会社の存在があいまいでどこに本社があるのかさえ分からないのです。

悪質な不動産会社の詐欺方法その2 海外物件投資詐欺

海外の物件に投資をしてくれという不動産会社も悪質な詐欺であることが多いです。

これはまだ完成していない海外物件に投資をしてから後から儲かりますというような感じで進行する詐欺です。そのため一度その投資先のエリアに立てるであろう建物を知ることが重要です。

どうしようもなく価値のないエリア、観光客が集まりそうにないエリアに建物を建てたところで利益を得ることはできないでしょう。

あえてそうした場所に建物だけを立てて投資をしてもらうことで儲けるという手法があるので本当に設ける気があるかを知る必要が投資をする側にはあるというお話です。

本当に儲ける気があるのであれば、もっと人通りが多いエリアですとか観光地として有名な海外に投資を迫るはずで、人気がない外国のエリアには投資を迫らないのです。

悪質な不動産会社の詐欺方法その3 源泉徴収詐欺

不動産物件を購入するに際し、収入が少ないがために購入できないということは多々あります。

悪質な不動産会社ではこうした収入が少ない方の収入をごまかして収入が多い人であると見せかけることで物件を購入してもらうという手法をとる悪質な不動産会社もいます。

源泉徴収詐欺というもので源泉徴収票を書き換えたりして改ざんすることで収入を多く見せかけるやり方で審査を通してしまう方法です。もちろん違法で悪質な不動産会社が主体であったとしても利用者側が頼んだことには間違いないので同罪になりますのでこうした詐欺には加担しないほうが良いのです。

なぜ悪質は不動産詐欺はなくならないのか?

なぜ悪質は不動産詐欺はなくならないのか

一つは騙される側がいるからである点ともう一つは詐欺であると判明しても逃げることが容易であるからです。

詐欺はどのような詐欺であれ現行犯で逮捕されると言い逃れできないです。ですが現行犯以外であれば言い逃れも可能なうえ逃げるのが容易であれば現金をどうにか持ち出すだけであとはどうとでもなります。

そもそも不動産を扱うに際してはその不動産を所有しているかどうかについての確認を取らない方も多く、不動産屋の格好をしていればそれでよいと考えている詐欺グループもあります。

本当に物件を持っている不動産会社であればその不動産物件内に入ることができるので、これについては詐欺ではないと判明しますが、詐欺グループもカギを無くしたですとか言い訳をすることもありとにかく現金を先にほしがるのです。詐欺の多くは特に現金を先に引き出すことを優先します。

その為、現金を渡さなければいつまでも、どうにかして現金を引き出そうとするか相手を変えようと詐欺を働く側はシフトチェンジをします。こうなってくると大抵の人はこの不動産会社は嘘くさいなあと感じ詐欺かもと思うのです。

まとめ

不動産の詐欺は手付金をだまし取る方法、海外のどうでもよいエリアに投資を求める海外投資詐欺、収入をごまかして不動産を購入できるようにする源泉徴収票改ざん詐欺があります。詐欺がなくならない理由は一つは騙される人がおり、それと同時に、不動産詐欺グループが逃げやすいことが詐欺がなくならない理由になります。