戸建に住むようになって初めての厳冬期を迎えています、5月の引き渡し時でも寒いと思ったぐらいだったので冬はどうなることかと思っていました。12月まではなんとかエアコンだけで凌いできましたが、ついにギブアップ!朝晩の寒さに耐えられない。

エアコンの容量は足りていると思うのですが如何せん足元が寒い、子供はへっちゃらなようですが寒がりの妻には死活問題、私はある程度我慢できる方ですが正直寒いです。

住友不動産の現場監督さんからは「エアコン以外のファンヒーターや石油ストーブは使わないでください、機密性が高いので部屋が結露してしまいます。」と言われていました。

何か対策は無いかと考えました、FF式ファンヒーターを入れるかとか電気カーペットを敷くかとか、どれもデメリットが大きくてダメでした。

機密性が高いのになぜ部屋が寒いのか

そもそも機密性が高いのになぜ寒くなる?原因は?

原因①

1Fリビングは24時間換気でトイレ・脱衣室・お風呂場の排気が運転しっぱなしな為、換気口から冷風が入り暖まりにくい。

対策:排気を止めるわけには行かないので換気口の隙間を最小に設定する

原因②

玄関からの冷風・書斎からの冷風・階段からの冷風、どれもドアが付いていて階段のスライドドアは2Fからの冷風対策として付けている、しかし最近の家はドアの下の隙間を広くとって家全体の換気がよくなるように設計されている為隙間風の入ってくる量が多い。

対策:すきま風ストッパーで隙間を埋める、書斎と階段ドアはスライド式なのでどうしようも無いが玄関からの冷気は止められる。

原因③

エアコンの取り付け位置が悪い、これは正直痛いところで、本来ならリビングの東側からキッチンのある西側方面に風を送りたかったのだが、防振装置が壁に入っているとのことでリビングの東面にエアコンをつけることが出来なかった、しょうがないので南面に付けたのだがダイニングからトイレ・お風呂がある通路に風が抜けることになる、しかもトイレ・お風呂は換気扇で室内の空気が排気されるのでリビングの東側に暖かい空気が行きづらい。

対策:トイレ・お風呂の通路入り口にロールスクリーンを設置して暖かい空気が通路に溜まらなくする、ロールスクリーンがトイレやお風呂の行き来を邪魔するので検討中。

 

リビング入口ドアにすきま風ストッパーを設置してみた

すきま風ストッパーとはこんなもの

発泡ポリエチレンで出来ているのでカッターでドアの幅に合わせて切るだけです。

こんな感じになりました、ビックリするぐらい冷風が入ってきません、これだけでもかなり暖かくなりました。

対策1と対策2を行いましたがやはり朝晩の冷えはきつく部屋がある程度暖まるまで一時的にファンヒーターを付ける事にしました。エアコンの位置が東側ならなぁ、1年点検の時にでも設備屋さんに相談してみます。

おすすめの記事