4回目の打ち合わせ

今回の打ち合わせは脱衣室とトイレの間取りをどうするかと新たに外構の見積りをお願いすることになった。

 

脱衣室とトイレの間取りが決定!

前回の打ち合わせの時に脱衣所は広くしたい、トイレの扉は横から入れるようにという間取りをお願いしていました。本来なら図面のビフォーアフターを載せたい所ですが特定されるのは避けたいのでご了承ください。

 

脱衣室

通常脱衣室には洗面台が配置されていますが通路に出す事で脱衣室を広くし、しかも浴室の入り口の扉を折りドアからスライドドアへ変える事が出来るようになりました。折りドアの開け閉めする時の大きい音が嫌いだったのでかなり嬉しいポイント!そしてトイレですが配置を変える事により横からスライドドアで開け閉めできるようになりました、完璧です!

トイレ

正面から入るような間取りだったものが浴室、洗面所、トイレの位置関係を少し変更するだけで、しっかりサイドから入れるように変更されていました、しかも増築無しで、、、さすがプロです!

 

ここでワンポイント!

住友不動産の各設備は標準仕様でグレードが高いもになっています、理由は高級マンションのデベロッパーという強みを生かし自社の高級マンションで使われている設備メーカーを選択してもらう事でグレードの高い設備を安く提供できる仕組みになっているものと思われます。しかもメーカーHPには無い型番なので価格の比較が出来ません、見ればこのグレードだろうなというのはわかるのですがまったく同じではないんですよね~、住友不動産オリジナル設備という事になります。

浴槽をセキスイに選択するとこのように全面鏡面パネルの高級感のある浴室になります、これが標準で追加料金無しです。

 

外構の見積りをお願いしてみた

「ハウスメーカーに外構を頼むと高い!」絶対外注の方が良いとよく言われているので、外構は見積りに入れず他の業者にお願いする予定でいます、ですが本当にハウスメーカーの外構の見積りは高いのか試しに見積りをとってみる事にしました。同時に知り合いの外構屋にもだいたいの見積りをお願いしました。どのくらいの差額がでるのか楽しみです。

 

次回までの宿題

各設備をどこのメーカーのもので設置するか選ぶ

おすすめの記事