鉄骨の3階建ての新築戸建てを建てたいと思って選んだハウスメーカーはセキスイハイム、ユニット型建築は早いだけがメリットではなく建てる人の技術に品質が左右されないというメリットもあります。3階建てという事でエレベーター設備も設置、床暖房に太陽発電などオプション多数の新築戸建てに大満足の家主さんです。

戸建購入談として実際に戸建を建てた人の体験談を記事にしてもらいました。たくさんの人の戸建てに対する思いを紹介していきたいと思います。各ハウスメーカごとにカテゴリー分けしてますので他の記事もご覧になってください。

◇私がセキスイハイムを選んだ理由

我が家は母と同居の2世帯、土地が30坪と狭いため、3階建てにする必要がありました。このため、鉄骨系のハウスメーカー数社に絞って住宅展示場などを回りました。
セキスイハイムに決めたのは、ユニット型建築で工場で生産されるので品質が安定していることが、一番の魅力でした。大手メーカーでも実際建築するのはその地域の下請けの工務店さんというところが多く、工務店さんの当たりはずれを避けたいと考えていました。
ユニットを組み合わせるので、家の中で壁が厚い部分が出来てしまいますが、その部分はうまく本棚や収納に利用でき、機能性の高い家になりそうだと感じたことも決め手でした。

◇間取りと建坪、費用

5LDK+2S 1フロア17坪の総3階です。古い家の取り壊し費用も含めて、4500万円ほどでした。
想定の予算よりも多少高かったですが、合い見積もりを取った他のメーカーさんとは、ほとんど差はありませんでした。
エレベーター、太陽光発電、床暖房2か所、掘りごたつなどを付けたので、オプションの価格がかなり追加されていました。
頭金をかなり貯めていたので、決断できる価格でした。

◇戸建てを建てて良かったところ

・家族がゆっくり過ごせる場所が出来た
以前の家は狭く、ダイニングで食事をした後、くつろぐ場所がありませんでした。リビングが広くなり、日常家族が何となく集まる場所が出来ました。
子どもも中学生くらいまでは、ほとんどリビングで勉強などしていましたし、お友達も気軽に呼んで、大人数でにぎやかに遊ぶことも多かったです。

・各部屋に収納を付けたので、家の中がすっきりしたこと
このメーカーの特徴で収納のオプションが非常の多かったです。なるべく家具は置きたくない、と思っていたので、各部屋にクローゼットや本棚などを作り付けました。どの部屋も必要な物はそこにしまえているのでとてもすっきりして、急に来客があっても慌てることはなくなりました。

・お風呂でリラックスできる
お風呂についてはとくにこだわらず標準の仕様にしましたが、標準のサイズがやや大きめであったので、ゆったりできて、バスタイムがとても気持ちよくなりました。

・エレベーターはありがたい
母と同居していたので、将来を考えてエレベーターを付けましたが、買い物荷物が多い時や、腰を痛めたときは本当に有難いなと感じました。家電などの3Fに家電などを取り付ける時にも、業者の方にも気持ちよく作業いただけました。こればかりは後から取り付けできないので、奮発してよかったです。

◇失敗したところ

特に思いつきません。満足しています。
強いてあげるのならば、機能性を重視して作ったので、家の中に遊びの空間がないです。収納として使えるところは全部収納なので、ちょっと何かを飾るといった余裕の空間はないなと感じることはあります。
あと、各フロアにトイレを付けました。今は二人しか暮らしていないのにトイレは3つあって、もったいなかったねと話しています。

◇これから家を建てる方へ

住宅展示場などは、何度でも納得するまで通った方が良いと思います。担当者さんの人柄や対応も大切です。
コストを抑えるには、信頼できる工務店さんを探して、間取りやアイテムなどを自分たちで決めて行くという方法があります。この方法でかなり費用を抑えて同じくらいの規模の家を建てた同僚がいます。
私たちにはそれだけの時間がなく、ハウスメーカーを利用しましたが、非常に熱心でサポート力の高い営業さんに巡り合ったことで、自分たちの思いを形にすることが出来ました。
多くの人にとって、家を建てるのはほぼ一生に一回のことだと思います。妥協せず、何か違和感を覚えるところがあったら、それが何なのか確認して自分たちの理想を形作って下さい。