戸建てに関する防災について防災をすべき場所どのような防災方法があるかを紹介します。記載するにあたり、日常から使用できる防災方法や身近な危機が防災器具へとなる可能性についても紹介します。

戸建の防災すべき点

戸建の場合防災すべき点は自身の場合は倒壊の恐れがある点です。この場合自宅内に住むことが難しくなり、余震も続く可能性が高いため防災袋など非常事態用の手荷物や連絡手段として使用する形態やスマートフォンなどを持ち逃げるのが安全な柵です。これとは別に自宅内部の家具を固定しておくと地震の際家具の倒壊が防げますので自宅内に家具が散乱するという問題をある程度解決することができます。家具が散乱しなくなればそれだけ地震の際、逃げ出しやすい環境を作ることができるということです。

水道が止まることを想定する

地震の場合水道が止まることを想定して非常事態用に水を用意しておくことが重要です。これは飲料水のことを指し、お風呂などにためておく水とは別の水になりますので被災後、飲み水の確保が難しい場合において日常から1週間分の飲み水を確保しておくという意味合いになります。

  • 飲料水の確保が必要
created by Rinker
おいしい水
¥1,883 (2020/09/20 06:45:41時点 Amazon調べ-詳細)

エコキュートなどの給湯器は内部に水をためるタンクがある

飲料水にはなりませんが、エコキュートの給湯器には内部に水をためるタンクがあり、非常事態時において非常用の水として使用することが可能です。ただし、飲み水には使用できず、食器などを洗ったりトイレなどに使用する水として使用できるということです。

大体で4人家族3日分の水をタンク内にためることができるのがエコキュートになりますので非常時においては、生活水として一部使用することが可能です。

エコキュート以外にも給湯器には内部に専用タンクを設けているものがあり、そうした機器を使用していれば被災時に防災機能を有する給水器としても活用できるということです。また給湯器に限らず、自宅にあるポットなども保温構造があるものであれば、だんだんと温度こそ低くなりますがこちらについては飲料として使用することも可能ですので身近な家電が非常時において被災した際に使用することができる製品になるということです。

  • エコキュートの水は食器洗いやトイレに使用する
  • エコキュートの水は4人家族で3日分
  • 給湯器の内部タンクやポットも飲料水として使用できるので貯めておく

戸建ての防災まとめ

戸建の防災について注意すべき点は自宅の倒壊になります。この問題は地震などの場合余震が再度来る可能性もありますので、防災袋など必需品と連絡手段である形態やスマートフォンなども持ち出して自宅から離れるのがベストです。

また、常日頃から食糧を備蓄して置いたり家具を固定しておくことで地震の際は家具の倒壊を防ぐことができますので逃げ出す場合にも足などをケガしなくて済む可能性もあります。

被災時にいおいては飲み水の確保が優先されますので飲み水を1週間分用意しておくことも日ごろからの防災の心得として重要です。それとは別の話になりますが、自宅の給湯器が貯水槽地として機能することもあります。エコキュート等の急騰装置の場合、内部にタンクが設けられており、4人家族3日分の水を貯えることができるモデルがありますので自宅の給湯器が非常時においては簡易給水器として機能することもあります。

ですが注意点を上げますと飲料としては使用することはできませんのであくまで非常時における飲料以外の生活水として使用することができるということです。

飲料を確保するのであれば、ポットなどは非常時において電源こそ入りませんが急騰機能を有するバッテリータイプやバッテリーを必要としないモデルなどもあり、ポッド内部に飲料可能な水を貯えることができます。これら日曜的に使用する電化製品も非常時においては生活を助ける機能を有する機器として活躍します。