戸健において基礎を作るという意味について解説をします。何故、基礎を作る必要性があるのか、基礎を作る際、基礎造りのみを扱う職人さんがいたのは何故かという疑問についても解説をしていきます。その上で基礎造りをする際地盤を見て基礎造りをする職人についても解説します。

基礎とは戸建の土台作りである

基礎とは住居の土台を作ることを指します。例えば積み木で家を作る場合、砂場に積み木で家を建てることは難しく、起てることが出来てもバランスが悪くすぐに崩れてしまうことが多いです。この建物を建てる下地を基礎と呼び基礎を作るとは建物が建つ土台を建てることを指すのです。この基礎が出来ていないと建物を建てても砂場に建てた積木と同じような結末を迎えるということです。その為基礎造りはかなり重要なポイントできちんと土台を踏み固めていないと如何に広い土地に大きな家を建てても結末は砂漠に起てた積木と同じ結末です。

戸健やマンションなどの基礎造りのみを行う専門職人とは?

マンションや戸建の基礎のみを作り上げる職人さんの存在を見たことがある方は多いはずです。何故このような職人さんが必要であるかについてを解説します。まず基礎のみを作り上げることが出来る職人さんは、測量を行い、配筋を行いコンクリートを地盤に打ち込みます。この時、測量を行っている最中に地盤を見てきちんと鉄筋を配置できるかどうかを確認しています。逆に言ってしまえば測量時においてこの土地は一度整地を行い整える必要がある場合はすぐに基礎をくみ上げず、まずは盛り土などをしたりしてとにかく整地を行います。昔の職人さんはこのような作業をその道のプロの方が担っていて家を建てる大工とは別に基礎屋という名称で呼ばれていました。現在では大工さんが担うこともあれば、基礎屋さんがきちんと基礎をくみ上げてくれることもあり様々です。

マンションや戸建の基礎が壊れるとどうなるか?

基礎が壊れたり、基礎がしっかりと組み立てられていない場合、建物がどうなるかですが、基礎として打ち付けた悔いが損壊しない限り直ちに建物に影響はなくコンクリートがひび割れを起したり、剥がれてしまっていても直ちには影響はないです。この基礎が壊れるという意味ですが、建物を建てる際、地盤に打ち付けたコンクリート杭が流れてしまったり折れたりしない限りはまず建物は基礎の上に起てても安定しており大丈夫です。ですが悔いが損傷し歪むと建物も沈み込みますので倒壊の恐れがあります。これが基礎が壊れたという状況で最悪建物が損壊します。

戸建の基礎造りはどのくらいかかるか?

基礎造りですが、職人さんの手で作り上げますが基礎自体はおおよそ土地の建築予定地に地縄を張り建物を建てるエリアを確保して基礎を作り上げるまでには2か月程度かかります。早い場合は1か月程度で行うことが出来ますが、整地の必要性がある場合期間が長くなりますので整地を抜いて2か月とされます。ただし、何人で行うかと言う問題もあり戸建の場合、4人もいれば2か月に抑えることは可能であるとされます。

まとめ

以上が戸建における基礎造りのお話になりますが、昔はその道のプロの方が基礎造りを行っており、建物を建てるべき場所の地盤をきちんと見て整地を行っていました。現在では整地の際、地盤を固める凝固剤の登場もあり基礎屋さんが基礎造りを行わないこともありますが、依然として基礎のみを扱う職人さんもいることから基礎造りは戸建の他マンションなどの建物においては重要な役割を担っています。基礎がしっかりと作られているからこそ、大きな建物を建てたり、高い構造物を立てることが出来、基礎が出来ていないと建物を損壊させてしまうのが基礎造りの重要性となります。