新築の戸建てが完成して引っ越しも終わった!そこで問題になるのが自治会!そのエリアにおいて自治会に入ることが任意である場合、自治会に入ったほうが良いのか?入らない方が良いのか?自治会に入る必要性について説明したいと思います。この記事は実際に自治会に入っていない方が書いたノンフィクション記事です!管理人の私は自治会に参加しています、班長さんに挨拶に行く事があたりまえと思っていたので挨拶に行ったときに自治会入りますよね?と念押しされほぼ強制的に入ることになりました。いま考えると加入しません!という返事もありだったなと思いますね。

自治会に入ることに強制性があるかどうか

自治会に入る入らないというのは本来自由なのですが、実はエリアによっては強制性があり当番制の様に順番があることがあります。そのため戸建で新しく引っ越してきた方も例外ではなく当番制で自治会に入ることが義務付けられていることもあります。

ですが、本来であれば入る義務などが無いので入らないという選択を選んでもよいのですが、問題としてはごみの捨て場所を使用できなくなるように嫌がらせを受けることもあります。

ですが、この問題についても解決策は実はありまして、嫌がらせを行う事実を確認できる状態、例えば動画でその様子をこっそりと撮影するなどをすれば、証拠となり、裁判などの他、地域の自治会を管理している、管理組合、もしくは、市役所などに証拠を持ち込んだうえで訴えると嫌がらせを止めさせることが可能です。

何故なら、自治体は問題を起こす人物がいる場合、解体させられる可能性もあるので問題が第3者に拡散してしまえばしまうほど解体を余儀なくされるから嫌がらせがストップするのです。

強制性が無い場合自治体に入る必要はない

最近では、自治会に強制に入る必要性は無く、任意でも入らないという選択肢をしても嫌がらせを受けないという自治会もあります。

これは都市部に多いことで、人数が確保できている場合や人数が少なくても自治会が機能している間は入る必要性が無いため強制性が無いということです。

ただし、人数が減ってきますと当番制になったり強制性が生まれることもあります、しかし断ることも可能なうえ嫌がらせを受けた場合、自治会を管理している組合に訴えるほか、市役所の市民課にて相談することで問題を解決することも可能になります。

要は自治体の問題、この場合嫌がらせをしているという事実を証拠品として動画などで挙げてしまえば自治体は、仕事をしていないとみなされ、なおかつ一市民に対して嫌がらせをしているとみなされ解体を余儀なくされるということです。

最近は自治体自体が無い場合が増えた

自治体があることで市民同士がトラブルになるという事態が増えてきており、また自治体自体が不要であるという声も大きくなり最近ではエリアによっては自治体が存在しないエリアもあります。

そうしたエリアに戸建で新築した住居を構えた場合、自治体自体が存在しませんので入る必要性などは生まれないです。こうしたエリアは都市部に多くなり、自治体を設けていないエリアもありゴミ捨てにおいても個人専用のエリアを設けていたりと住民ととトラブルが起きないように工面されています。

まとめ

自治体に皆さんが入る必要があると感じるのはごみの捨て場所を利用させてもらっていると感じ、入る必要があると感じていますが、実は入る必要性は無いのです。

ただし、入らないことでごみ捨て場を利用させてもらえないという嫌がらせを受けることがあるので面倒であるから入るというだけで、実はその嫌がらせも動画などで撮影することで証拠として市役所や自治体管理組合に提出するなどをすると嫌がらせを止めさせることもできます。

つまり自治体は市民が快適に過ごせるように機能するのが望ましいのに市民に対して嫌がらせをしているという事実は好ましくなく、自治体が解体させられる可能性も生まれるため嫌がらせがストップするということです。その為近年では自治体自体が存在しないエリアもありそうした場所に住居を新築することで自治体とトラブルを起こすこともなくなったのです。

自治会に参加しないことで近隣住民との付き合いが悪くなると考えている人もいますが近隣の方と付き合いが良いからと得した事ってありますか?逆にマイナスの面が多いのでは?