トリニティのフローリング、肌触りが気持ち良い

クロス貼り作業が終了し全ての工事が終了し先日引き渡しがありました。

最終内覧

引き渡しの1週間前に最終的な内覧を行います。不具合があれば引き渡しまでの1週間で修繕するという流れになります。営業担当者、工事現場監督、各設備メーカー担当者と一緒に完成した宅内をチェックし取説していきます。

設備の取説は特に難しいものは無く、私の仕事が技術職だった事もあり、特に新しく覚えるようなものはありませんでした、しいてあげれば食洗機の使い方ぐらいでしょうか、食洗機は今まで使った事がなかったのでしっかり聞いておきました。

コンセントの位置や個数、照明の位置、外部コンセントの電源の位置、外構工事の時に繋ぐ外部電源の位置など一通り確認して終了になります。気になったのがクロスの汚れで現場監督に聞いて見たらのりなので拭けば取れるという事で引き渡しまでに綺麗に掃除しておきますという事で解決、他に設備的な問題も無く終了しました。

あっそういえば2階のトイレもしっかり手洗いが付いていて水場の確保がなんとかできました。

 

引き渡し日

引き渡し日には営業担当者と現場監督の二名が来て、軽く最終確認します、前回指摘したクロスの汚れですが結局、汚れている場所は全てクロスを貼り直したそうです。拭いても汚れが取れなかったらしい、、、。

約1時間ほどで最終チェックが終了しました。1ヶ月後に宅内の点検に来るそうです。その後は1年点検と続きます。

引き渡しを終わってからも住友不動産からTELがきて今回の新築に伴う不具合、担当者の不手際がなかったかの調査がありました。しっかりしてる会社です、感心しました。

おすすめの記事