軽量鉄骨で戸建を建てる事はできるのか、弱点を克服するには?

戸建に軽量鉄骨を使用することが向いているかどうかを軽量鉄骨の特性を理解したうえで紹介します。

戸建に軽量鉄骨を使用することができるか

戸建に軽量鉄骨を使用することができるかどうかですが、使用することは可能です。ですが、軽量鉄骨の特性を考えればあまりお勧めできない構造です。その理由ですが軽量鉄骨は軽さを重視した分、建物が2階建て以上など高くなると建物を支えることが難しくなるからです。

軽量鉄骨の弱点とは?

軽量鉄骨には弱点があり、その弱点が鉄骨の厚さが弱点となります。厚みが薄い分、建物の高さを高く設定すると住居として自重を支えることが難しくなり、自分の重さで段々と鉄骨がゆがんでしまうのです。重量鉄骨であれば、折れ曲がることはないのですが、重量鉄骨はその分、問題として、とても重く、音が響き渡るためマンションなどに使用される施工な為一般的な住居に重量鉄骨を使用するとなると、防音対策を講じる必要性が高くなります。軽量鉄骨も同様に建物に金属を使用しているため音が響き渡る特性があり、防音が十分ではないと音が外に漏れたり響いたりする欠点があります。

軽量鉄骨はどのような建物に使われるか?

軽量鉄骨ですが戸建に使用された実績はありますが、その多くはアパートや倉庫などに使用されることが多いです。その理由ですが、アパートなどの物件は賃貸物件で2階建てまでの構造の建物が多いです。その為軽量鉄骨でもだんだんと年数がたつにつれ歪みが出てきはしますが、すぐに建物が倒壊することはないです。アパートや倉庫などは組み上げの速さが重要で木造でくみ上げることは少ないのは組み上げる速さが鉄骨は早いため賃貸物件には多く軽量鉄骨が使用されています。逆に時間を掛けてでもよい住居を作るとなると木造のほか鉄筋など厚みのある鉄を使用する構造が戸建の住居構造として望ましいです。

軽量鉄骨で戸建を立てることは不可能か?

軽量鉄骨で戸建を立てることは不可能であるかどうかですが、2階建て以上の構造物でなければすぐに鉄骨が曲がることは無く、十分に防音対策を施せば軽量鉄骨でも住居としては機能する物を作ることが可能です。ただ、倉庫と異なる点としてはやはり2階建ての構造となる点、どのようなものを住居内に運び入れるかが挙げられます。そうこの場合、重いものだけではなく軽いものを収納することもありますが、住居の場合重い家具のほか軽い家具など様々なものを住居内に搬入します。その為、居住スペースは重量が傾きやすく、それを支えるための鉄骨に歪みが生じやすいということです。倉庫などの場合は1階建てであれば問題はない上2階建てであっても、バランスよく倉庫に収める物を置くことで直ちに鉄骨が歪んでしまうという事態は解決されます。

まとめ

戸健に軽量鉄骨を使用し住居を構えることですが、結論としては可能ですが、耐久性については、高いと言えないです。その理由ですが、厚みが薄いのが軽量鉄骨の特徴ですので2階建て以上の建物を建てた場合、住居を支える骨組みとしては自重を支えることが難しいという意見が多いです。その為、多くは1階建ての建物やアパートなど、大量の家具を配置し、建物の重量を増加させないような構造の建物に軽量鉄骨を使用しており、主にアパートや倉庫など賃貸の物件に多く軽量鉄骨が使用されています。ですが、決して戸建の住居として使用できないという訳ではなく、工夫次第で2階建て以上の建物を作らないなどの他、防音設備をきちんと併設するなど工夫をしたうえで建物に負荷をかけないよう、家具などの配置にもこだわれば十分住居として機能します。ただ、鉄筋と同じように音が響きやすいという弱点はありますので、如何にこの弱点を補うかも重要です。