8回目の打ち合わせ

前回コーディネーターとの打ち合わせが始まり1Fの詳細を決めて行きました、今回は2Fの詳細を決めて行きます。

住友不動産は打ち合わせ毎に何が決まったか、変更は箇所は何か、など細かく担当者がメモをとり、最後に内容を確認してサインし複写を1枚持ち帰ります。こうすることで双方の聞き間違いを無くす事ができます。

 

2Fの詳細決めは寝室から

ドアやドアノブは1F・2Fは統一していたので選ぶ手間がありませんでした、寝室はベッド2台置く予定でベッドの頭の上にくる照明を新たに設置することにしましたメインはシーリングライトでベッドの両サイドに壁付けのライトを2つ設置します、他にはライトの明るさを調整できるダイヤルスイッチも追加しました。ウォークインクローゼットの中にはコンセントはいらないような気もしましたが、必要になった時に延長ケーブルで中に入れるのは見た目がかっこ悪いので中にもコンセントを1つ追加しました。このクローゼットは妻の服でいっぱいになるようです(笑)

 

洋室2と洋室3は全て同じ仕様に

将来の子供部屋となる2部屋は壁の色・広さ・クローゼットの大きさ、など仕様は全て一緒にしています。今娘が一人いますが兄弟が増える可能性もあります、その時にケンカの原因を無くす対策です、これは私と妻の経験からそうしました。少しでも仕様が違うとケンカの元ですから。

 

エアコンは夏までに量販店で取り付け予定

2Fの真ん中の子供部屋以外はエアコンを付けていません、真ん中の部屋だけは室外機を北側の1Fに落とす予定なので冷媒菅を隠ぺい配管しなければなりません、隠ぺい配管するには機種も選定しなければならないので三菱のSシリーズのエアコンを選びました、選んだ理由はお掃除ロボが付いていないから、エアコンの選定は別記事で紹介したいと思います。

出典:三菱

 

ビッグ収納にモデムを設置

インターネット回線のモデムの設置場所ですが住友不動産の場合2Fに設置になるようでビッグ収納の角に設置することにしました、屋根裏に置くことも考えましたが、モデムのリセットが必要になった時などいちいち屋根裏から取り出すのが面倒なので床置きにしてもらい、あとで自分の好きなように収納する予定です。

 

次回の打ち合わせ予定

とりあえず2Fはこんな感じです、次回の打ち合わせの時に最終的なクロスの色決めと各設備の確認を現場担当者と確認します。それが終わったらいよいよ着工です。

 

おすすめの記事